本文へ移動
農事組合法人 二戸たばこ堆肥生産組合
〒028-6723
岩手県二戸市安比字高房18番地8
TEL.0195-26-2131
FAX.0195-26-2132
1.■業務内容 葉たばこ用資材配達
2.■業務内容 堆肥製造
3.■業務内容 堆肥配達
4.■業務内容 バーク粉砕
5.■業務内容 一般廃棄物処理
このサイトはおりこうブログで作成しています。

定款

農事組合法人 二戸たばこ堆肥生産組合 定款

第1章 総則

 
(目的)
第1条 この組合(以下「組合という」)は、組合員の畑作振興について、近代化施設を利用し堆肥の生産を行    い、その生産性を向上させ、組合員の利益を増進する事を目的とする。
 
(事業)
第2条 組合は次の事業を行う。
 ①  農業振興に関わる近代化施設を利用し、堆肥の生産及び供給
 ②  前号に付帯する事業
 
(名称)
第3条 この組合は、農事組合法人二戸たばこ堆肥生産組合と称する
 
(所在地)
第4条 組合の事務所は、岩手県二戸市安比字高房18ー8に置く。
 
(地区)
第5条 この組合の地区は、岩手県二戸市、岩手県二戸郡一戸町の1市1町2区域とする。
 
(公告)
第6条 この組合の公示は、組合に設置する掲示場に掲示して公告する。

第2章  組 合 員

(組合員の資格)
第7条 この組合の地区内に住所を有する葉たばこ耕作農家は組合員となる事ができる。
 (組合員の加入)
第8条 組合員になろうとする者は所定の加入申込書を提出し、その承諾を得て組合に加入することができる。
(任意脱退)
第9条 組合員は、脱退しようとする場合は、あらかじめこの組合に通知した上で、事業年度の終わりにおいて
    脱退する事が出来る。
(法定脱退)
第10条 組合員は、次の事由によって脱退する。
   ① 組合員たる資格の喪失
   ② 死亡したとき又は、解散したとき。
   ③ 除名
   2 除名は、次の各号の一に該当する組合員につき総会の議決によって行うことができる。この場合に
     おいて、組合はその総会の会日の10日前までにその組合員にたいして、その旨を通知し、かつ
     総会において弁明する機会を与えなければならない。
   ① 組合の事業を妨げ又は、妨げようとする行為があったとき。
   ② その他組合の定款もしくは規約及び規則に違反し、その他この組合の信用を失わせるような行為を
     したとき。
 (役員の定数)
第11条 組合は、役員として理事10名以下、監事3名を置く。
 (役員の選任)
第12条 役員は岩手県たばこ耕作組合の二戸市、一戸町の産地統括リーダー及び地区からの推薦により
     代議員会に於いて選任する。
   2 理事は、学識経験者を、若干名委嘱選任することができる。
   3 監事は、学識経験者を、1名委嘱選任することができる。
 (役員の任期)
第13条 役員の任期は、3年とし満了任期の当該通常総会の終了日とする。但し補欠のため選任された役員は
     残任期間とする。
 (代表理事の選任)
第14条 代表理事組合長(以下「組合長」という)は、理事の中から一人を互選するものとする。
 (理事の職務)
第15条 組合長は、組合を代表しその業務を総理する。
   2 理事は、あらかじめ定めた順位に従い組合長に事故あるときは、その職務を代理し、組合長の欠員
     のときはその職務を行う。
 (理事議決)
第16条 組合の業務の運営につき、次に掲げる事項は理事の過半数でこれを決する。
   ① 業務に関するための方針に関する事項
   ② 総会の招集及び総会に付議すべき事項
   ③ 固定資産の取得、又は処分に関する事項
     但し、補助事業等で年度内に実施しなければならない事業等緊急を要する場合で、役員会において
     理事及び監事全員の賛同があればこの限りではない。
 (監事の職務)
第17条 監事は、少なくとも毎事業年度一回以上財産及び業務の執行状況を監査し、その結果につき理事会
     及び総会に報告し意見を述べなければならない。
 
 
 
 
 
 

第3章   総   会

(総会の招集)
第18条 組合長は、理事会の決議を経て毎事業年度末から90日以内に一回通常総会を招集する。ただし
     理事会の決議があれば、関係書類の郵送もって、替える事が出来るものとする。
   2 理事は、次の場合に臨時総会を招集する。
   ① 半数以上の理事が必要と認めた場合
 
   ② 組合員の過半数が会議の目的たる事項を示して招集を請求したとき。
   3 理事は、前項第2号による請求があったときは、その請求があったときから10日以内に総会を
     招集しなければならない。
   4 監事は、その職務執行を通じ、これを総会に報告する事を適当と認める事項があるときは、
     総会を招集する事ができる。
(招集手続き)
第19条 総会招集の通知は、その会日から5日前までにその会議の目的たる事項を示して行うもとする。
(総会に議決事項)
第20条 次の各号に掲げる事項は、総会の議決を経なければならない。
   ① 定款の変更
   ② 規約の設定、変更及び廃止
   ③ 毎事業年度の事業計画の設定及び収支予算書
   ④ 事業報告書、貸借対照表、勘定明細書、収支決算書及び剰余金処分計算書
(総会の定足数)
第21条 総会は組合員の半数以上の出席で議決を決することができる。この場合書面又は代理人をもって
     議決権を行う者は、これを出席とみなす。
(緊急議案)
第22条 総会では、第20条の規定により、あらかじめ通知した事項に限って議決するものとする。但し
     緊急を要する事項についてはこの限りではない。
(総会の議事)
第23条 総会の議事は、出席した組合員の議決権の過半数でこれを決し、可否同数の場合は議長の決する
     ところによる。
   2 議長は、総会において、出席した組合員の互選により選任するものとする。
(特別議決)
第24条 次の事項は、総組合員の3分の2以上の多数による議決を必要とする。
   ① 定款の変更
   ② 解散及び合併
   ③ 組合員の除名
(議事録)
第25条 総会の議事については、議事録を作成し出席した理事がこれに署名、又は記名捺印するものとする。
(総代会)
第26条 この場合は、総会に代わる総代会を設けることができる。
   2 総代は正組合員で第5条の地区より選出する。
   3 総代の定数は60人以下とする。
   4 総代の任期は3年とする。但し任期途中で代わった場合はその残任期間とする。
   5 総代会は、総代の半数以上の出席で議決を決する。この場合書面又は代理人を
     もって議決権を行う者は、出席とみなす。
 
 
 
 
 

第4章    業務の執行

(事業年度)
第27条 この組合の事業年度は、5月1日から翌年4月30日までとする。
(規約)
第28条 この定款に定めるもののほか、業務の執行、会計その他に関し必要な事項は、規約でこれを
     定める。
 
(組合員名簿)
第29条 この組合に組合員名簿を備え、次の事項を記載しておくものとする。
  ②  組合員の氏名
  ③  組合員の住所
  ④  加入月日
  ⑤  その他必要な事項
 
                附                 則
 
  昭和49年   5月  1日から施行
  昭和55年   5月  1日一部改正
  平成11年  10月  13日一部改正
  平成22年   6月 12日一部改正
  平成25年   6月 16日一部改正
 
 

農事組合法人 二戸たばこ堆肥生産組合 運営規約

第 1 章      総  則

第1条 この規約は、定款又は、規約に定めるもののほか組織を整え業務の文章を定め、事業を能率的に遂行する事を目的とする。
第2条 この組合の事務は、総て代表理事組合長(以下「組合長」という)の決済による。
第3条 この組合の施設の設置負担金は徴収するものとする。
  2 負担金の納入は、納入通知書を発行して徴収するものとする。
第4条 事業実施部門として次の部門を置く。
    ① 生産部門
    ② 輸送部門
    ③ 業務部門
 
 

第2章  業務の分掌

 
第5条 この組合に職員を置き、組合長がこれを任命する。
    ① 工場長  1名
    ② 会計主任 1名
    ③ 従業員  若干名
   2 但し、従業員及び臨時職員については、組合長が必要と認めたとき雇用する事ができる。
第6条 工場長は、組合長の決済により 組合の名において行う権限を有する一切の業務を処理するとともに
    各部門を調整し組合の方針、目的に合致するよう業務を遂行しなければならない。
第7条 会計主任は、組合の会計に関する一切の責任を有すると共に会計に関する業務を遂行しなければ
    ならない。
 
 
 
                附        則
      この規約は、平成4年4月1日から施行する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

定款のダウンロード

定款

(0000-00-00 ・ 710KB)

※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0195-26-2131
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る